ア○ロ、いっきま〜〜〜す! 〜発信!〜


こんばんは! 矢澤です!

奇跡の5連休、シルバーウィークまっただ中、みなさんいかがお過ごしですか?
お休みをとられている方もとられていない方もいらっしゃるかと思いますが、いつもより少し早めに訪れている秋を満喫できているといいですね。

僕は言うと、金曜日からお休みをいただき、実家へ帰省して毎年恒例の稲刈りをしております!
家族親族揃いでやったので、いつもより一日早く仕事を終えることができました。

いやあ。今年も豊作の上、全身筋肉痛です。誰かいいオイル知りませんか・・・?


さて、そんな今日のブログは秋とは全く関係ありません。

「発信」

なるものの話をしたいと思います!

ナニソレ、と思われた方、今ご自身の店舗経営のことと照らし合わせながら読んでいただけると非常にわかりやすいのではいかと思います!



|ホームページの導線、それも「発信」なくしてありえない。


以前のシリーズで、口酸っぱく、導線導線、という話をしてきました。
ホームページを訪れた人が一体どういう気持ちでご予約までたどり着くのか、かなり具体的にお話をさせていただきました。


ホームページに穴をあけよう!!!ナニソレ?
ホームページだけじゃない、お店を良くする導線が大切!
続・ホームページに穴を開けよう!!〜どういう目で見てますか?〜
終着点・ホームページに穴を開けよう!〜本丸に突撃〜


今回はその発展形です。


前回までの話は、”「検索」からホームページへ流れてくるお客さま”のお話でした。
ですが、当然のことながらホームページを訪れる手段は検索だけではありません。
そもそも、検索をするという行動まで導いていくことだって考えなければいけないのです。

さて、話を始める前に、集客をするためにはまず根本的に何が必要なのか、ということを考えていきたいと思います。



|集客をするための3つの要素


改めてお話するようなことでもないかもしれませんが、一応。

まずは、お店


これがなければそもそも集客もクソもないですね。

そして、

つまりスタッフのことです。当然です。

そして、お客さま

お客さまがいなくて成り立つ商売はありません。


みなさんは、最初の2つについては当然のことながらクリアしている状態です。

そして3つ目の「お客さま」。
もちろん、既にお客さまはたくさんいるわ!という方もいると思いますが、そういった穴は今は無視する形で、
誰もお客さまがいなかったらどうするのか。

新規集客と言ってしまってもいいですね。
新規の方にどうやったらきていただけるのか。

実は答えは簡単なんです。
以下の3つができれば良いのです!



|お客さまを導く3つの要素


この3つの要素とは、

【1】知っていただき、【2】興味を持っていただき、【3】そのお客さまに「自分に必要だ」と思っていただくこと。



これをみなさん意識しているのといないのとでは大きな違いがあります。
前回まで話をしていたのは主にこの中では【2】と【3】の部分です。

しかし、まず前提として、【1】の知っていただく、というところがなければその先は全くありえません。

この【1】ですることを「発信」と言います。

では、どうやって知っていただくのか、というところをこれから章立ててお話していきたいと思います。
今回はまず、みなさんがこの「発信」することに対して、どれくらいしっかり考えられているのか、
またどれくらい発信できているかどうか、ということを思い返していただくきっかけにしていただけたら嬉しいです。

さて、この発信の方法ですが、無限に方法はあると思います。
その中で比較的に簡単にできるものを具体的に少しあげてみます。


・SNS(facebookやtwitter、instagramなどなど数限りなく)
・チラシからの検索
・ショップカードからの検索
・パンフレットに載っているQRコードから直接
・人伝に聞いて検索
・エキテンやホットペッパーなどの外部サイト
・メルマガから直接


やる気さえあれあ今すぐに無料でできるものと考えたらだいたいこのくらいになるかなと思います。

世の中にはもうお店の情報をのせる媒体が数えきれないほどたくさんありますよね。
そして、理想を言えば、そのどれもに載せたい。
新聞にも載せたいし雑誌にも掲載したい、SNSでも掲載したいし、
検索順位は1位がいい。
もちろんエキテンでも口コミナンバーワンになりたいし、紹介とかめっちゃほしい。
チラシだって世界中の人に配りたいし、テレビでもなんとか紹介してほしいですよね。

ざっくばらんに適当な方法を書き連ねましたが、これらの方法には、
それぞれ、ひっかりやすい人、ひっかりにくい人、そもそも出会わない人がいます。

パッと思いつくだけでもこれだけたくさんの「発信する」方法がありますが、
みなさんは集客のためにどれを使っていますか?

この【1】知っていただく、という部分、みなさんどれくらい意識できてますか?
どんなふうに発信していますか?

一つ一つの業務の中でも、「発信」できる機会はきっとあります。そしてこの「発信」は集客の大前提の一つといえるのです。
みなさん、どれくらいこの「発信」できていますか?

もし、全然発信の仕方がわからない、または発信を手伝ってほしい、ということがあれば、
いつでもご相談ください。

ご相談はこちらから。

[contact-form][contact-field label=’名前’ type=’name’ required=’1’/][contact-field label=’メールアドレス’ type=’email’ required=’1’/][contact-field label=’ウェブサイト’ type=’url’/][contact-field label=’コメント’ type=’textarea’ required=’1’/][/contact-form]