店舗集客を目指す上で役立つ”心理学”のお話


こんにちは。

i-cue 吉岡です。

 

 

 

突然ですが、

いま皆さんは渋谷の街にいます。人がいっぱいいます。

そのとき、暴漢に襲われている人が・・・

「誰か、助けてーっ!」

 

 

こんな時に、あなたはどうしますか?

 

 

A:「自分が何とかする!」

B:「いったん様子見」

C:「真っ先に逃げる」

 

 

誰も見ていないので、心のなかで正直に答えを思い描いて下さい(笑)

本当にその答えで大丈夫ですね?

 

 

 

実はこの場合、何も行動できない人がほとんどなんです

正義感のある方は、行動しないと気が済まないかもしれません。

 

 

 

でも、

すごくドライなことを言ってしまうと、「自分が何とかする」理由が無いのが一番大きな理由です。

だって周りにも人がたくさんいる状況だから。

「自分でなければならない」理由がどこにもないから。

 

 

だから、大多数の中で何かを求められると、人は行動できないんです。

セミナーや学校でも、手を挙げて意見を言ってくれる方は少ないですよね?(笑)

 

 

これを心理学用語で、

『社会的手抜き』と呼んだりします。

 

 

 

別の例を出すと、救命講習を受けたことがある方は、

こっちの例の方が分かりやすいかもしれません。

 

 

”あなた”は救急車を!”あなた”はAEDをお願いします!」

 

 

必ず誰でもいいから名指しするように教えられませんでしたか?

 

 

 

これです!

人がたくさんいたら、「自分じゃなくても救急車やAED持ってきてくれるだろう…」

そんな風に考えてしまうのが、人間の心理です。

 

 

 

だから、「あなた」を特定しなければならないんです。

 

 

 

『自分でなければならない理由』が無ければ、人間は行動しないものです。

これはただの心理学ですが、集客に対してとても重要なヒミツをはらんでいます!

 

 

 

”店舗集客”という目線に置き換えてみましょう!

 

 

お店のメニューは、”誰か”を特定できていますか?

例えば「肩こりがラクになります!」,「ダイエットできます!」,「小顔になれます!」

 

 

これって、他のお店でも替えが効きそうですよね。。

 

 

大多数の「辛い」,「悩みを持っている」人にふんわり投げかけても、

多くの人が「自分には関係ない」と流してしまいます。

 

 

だからこそ、

「あなた」に来てほしい!という気持ちがとても大切になります。

「誰か」に来てほしい!ではなくて!

 

 

ここから先は、「どんな人」に「どのように伝えるか」という方法の話になります。

この辺りについては、個別コンサルも受け付けていますので是非!

 

ということで、あっさりですが今日はこの辺りで!

ご質問やご相談は、以下からご連絡ください(^^)

 

[contact-form][contact-field label=’名前’ type=’name’ required=’1’/][contact-field label=’メールアドレス’ type=’email’ required=’1’/][contact-field label=’ウェブサイト’ type=’url’/][contact-field label=’コメント’ type=’textarea’ required=’1’/][/contact-form]